憂鬱だったプール

子どもの頃からの私のコンプレックスといえば、腕や足の産毛でした。 元々、髪の毛も濃くて太くて直毛なのですが、その性質をそのまま引き継いだ産毛は、我ながらびっくりするくらい濃くて太くて、しかも長く、特に夏場は本当に嫌で嫌でたまりませんでした。産毛も手首の辺りはたいしたことないのですが、肘の辺りになるととても長くなってしまうのです。

夏になると、時々親切な友だちが私の腕を見て、「あ、髪の毛ついてるよ」と取ってくれようとするのですが、「いや、それ産毛だから…」と断るのも情けなく、いつの間にか腕を組んで歩くのが癖になっていました。

産毛でメリットがあるといえば、下敷きなどで腕をこすった場合、誰よりもはっきり静電気の効果が分かることくらいで、試しに剃ってもみましたが、かえってやけに太い毛ができてしまっただけだったりと春から夏に向けての衣替えの季節は身も心も憂鬱で、早く冬になれと祈るばかりだったです。

何が一番嫌かと言えば、学校のプールでした。制服でも充分目立つ長い産毛が、プールにつかると水の中で波打って、まるでテレビで見る北海道の昆布かと思うような動きをするのです。友だちが「すごーい」などと感動するので、おどけて笑って見せてはいましたが、プールでは本当に泣かされました。

親の薦めでスイミングスクールに通っていた時期もあったのですが、そこで私以上に濃い産毛の子を見たことがありました。男子だったので、当人はそこまで気にしていなかったかもしれませんが、その子が水から上がった時を見ると腕や足の産毛がまるで海苔のようにべったりと貼りつき、「あー、私もきっとあんな風に見られているんだろうな…」と考えてしまい、なおさら産毛が嫌なものに思えてしまいました。

ちょうど小学校6年くらいだったでしょうか。テレビで永久脱毛という技術があることを知り、その頃から私は「将来、働きはじめたら、絶対永久脱毛をしよう」と心に決めていました。今はもう産毛があったことさえ忘れているくらいですけれど、今も時々、肩の辺りに変に長い産毛が生えていることに気づくときがあります。

その程度だったら共存しようと放置していますが、産毛には本当に泣かされてきたものです。

このページの先頭へ