産毛に関する思い出

私はもともと毛深い方です。

普通は腕のひじより上の部分には産毛が生えないようですが、 私はひじ上にも産毛が生えています。

自分では見えないのでよくわかりませんが、背中の産毛も かなり濃いそうです。

子供の時よく泣かされたのが、私の姉です。

よく私の腕や背中なんかを見ては、「毛深いね~!」 とからかってきました。

「毛並みの研究」と称して私の産毛をなぞったり。

母親も一緒になって笑っていました。

やはり、子供心にかなり嫌でした。

女は女になるのではなく、生まれた時からすでに女なのだ、 というような文章を見たことがありますが、事実だと思います。

何歳だろうと、たとえ小さな女の子であろうと、外見を からかわれるのはいやなものです。

毛深いというのは女性らしくないということですから、 心を傷つけます。

姉以外の人には言われたことがないので、もしかしたら姉が 大げさに言って私をからかいたかっただけなのかもしれません。

もっとも、他人のそういう部分を指摘するのは言いにくい からかもしれませんが。

中学生くらいになって、スイミングをやっていたこともあり、 産毛の処理をするようになりました。

中学生だとまだ処理している子は少ないので、そこまで 産毛を気にしていることが逆に恥ずかしくなって、 常にツルツルの状態にしている、とまではいきませんでしたが、 時々処理していました。

不思議なことに、もともとの産毛は濃いのに、なぜか私の場合、 剃刀で処理しているうちに産毛が薄くなっていきました。

生えなくなった毛穴があるのです。 生えている毛の伸びるスピードも、遅い方のような気がします。

こんなこともあるんですね。

おかげで中学生以降はそれほどコンプレックスに感じないで 済むようになりました。

女性ホルモンの関係か何かなのでしょうか?

大人になった今は、お金を貯めて、永久脱毛に近い効果のある 家庭用の脱毛器を買いたいと思っています。

子どもの産毛なんてそもそも気にするものではないはずですが、 何歳であっても女の子の外見をからかうのは良くないなと思います。

このページの先頭へ