毛深いせいで子供の頃はイジメられっ子でした

私は父の体質を受け継いだのか、小さい頃から凄く産毛が濃かったんです。 幼稚園の頃はまだ産毛はあまり生えていませんでしたが、小学2年生の頃から徐々に濃くなっていきました。 当時の写真を見てみると眉は薄ら繋がっており、鼻の下にもしっかり産毛が生えていましたね。 それに手足も長い産毛が生えていて、改めて自分はこんなに産毛が濃かったんだと驚いた程です。

小学校低学年の頃はまだ周りの子供達も産毛を剃るなんて知識を持っていなかったので、何も言われたりしませんでした。 しかし高学年になってくると身嗜みにも気を使い始めるからか、色々と意地悪な事を言う子が出てきました。

私は鈍感で髪の寝癖を直したりはするけれど、産毛についてはこれが当たり前だと思っていて、処理等もせずに生えるがままにしていたんです。 それを見たクラスの男子や一部の女子に「ジャングル女」と言われたり机にマジックで悪口を書かれたりしました。小学校といえばプールや体育の授業がありますが、その時なんて普段よりもっと酷い事を言われていました。 私はワキにも生えていたので、それもあったんでしょうね。 一番傷ついたのは友達だと思っていた子からも「お前といると毛が濃いのが移りそうだから近寄るな」と言われた事です。 ショックで、心が痛くて大泣きしました。

この産毛を何とかすれば悪口を言われないかなと思って、親に「産毛を何とかしたい」と相談しました。 しかし「まだ子供なんだから産毛なんて気にするな」と言われてしまいました。 そこで年の近い従姉に相談するとボディ用フェイス用の剃刀を買ってくれたんです。 その剃刀で産毛を全部剃って意気揚々と学校へ行きましたが、待っていたのは「毛女の腕がブツブツしててキモイ」という新たな悪口でした。 実は剃ったので産毛はなくなりましたが、そのかわりに剃り跡が残ってしまったんですね。 その剃り跡も毛が濃いせいでちょっと離れていても解るくらいに、毛穴の黒ずみが酷い事になっていたんです。 産毛が生えていても剃っても悪口を言われる状況が本当に辛くて、一時期不登校になった事もあります。

小学校を卒業した後はトラウマから、なるべく人に肌を見せないように、徹底的に産毛を処理するようになりました。 もしも自分に子供が出来てその子の産毛が濃いなら、私のように他の人に悪口を言われる前に何とかしてあげたいと思っています。

このページの先頭へ